fc2ブログ

教えてあげようか?

ねえ、教えてあげようか?弟よ。
お前が、転勤になった時、
『仕事ができないのかしら?』『干されてるのかしら?』
『リストラにあったのかしら?』
と毒母も父も言っていた。
実際父は
『〇〇(私の住んでいる地域)のお姉さんがお前の転職を心配しているけれど、どうなっているのだ』
と、さも私が心配しているかのように弟に連絡した。
それは、もう勘弁なんですけれど。ぶっちゃけ、私は弟の仕事など、興味ない。息子の就活や、主人の定年後のことで精一杯。
人の会社の仕事のことなんか私にはわからないから。そしてなにより、私には興味がない。どころか、主人の母の乳がんの手術でそれどころではなかった。でも何か探りたい父は私の名前を出して自分には火の粉が飛ばない様に、私を盾にしてあなたに聞きたいことを聞いたのですよ。
『嫁に子供ができないのは、夫婦仲が悪いからかしら?』
『やっちゃんは嫁が強くて言いたいことが言えないのではないか?』
『いつもうちに来る時、ケンカをしていた様にクルマの中で嫁が不機嫌そうな顔をしている。性格がキツいのではないか?』
『嫁は、食事の支度を手伝ってと言ったら、ヤダ!と言った』
とか、
『トイレに入った時、思い切りドアを閉めて、なんて気性の激しい嫁だ。』
『何かものをあげても全然喜ばない。馬鹿にしている。』
とか、しょっちゅう言っていましたよ。
私はそんなこと気がつきませんでしたし、考えたこともない。


結婚のお祝いに食器を持って行っ時、弟の家には来客があり、嫁は片付けにオオワラワだった。そして弟が対応してくれて、お祝いの食器を運び込んで、玄関で挨拶したが、『こんなにたくさんの食器ありがとうございます』と嫁が喜んでいた。
と毒母に話したら、
『お姉さんが行ったのに、嫁が出てこなかった。挨拶も玄関で、たっだ。お茶の一杯もでなかった』
とお姉さんが怒っていたと、通訳が入った(笑)多分そうだ。
「そうでしょ、そうだったんでしょ、せっかく持って行ったのに、ひどいわね。。。」と何回も確認されたが、別に、家の中は直前の宴会でとっ散らかっていたし、別に、上がり込んでお茶を飲みたいわけでもないし、良いんじゃない?って言ったのに。
嫁はきちんとクルマまで来てお礼を言ってくれていた。






嫁はそこらへんから私を避けるようになった。ああ、言ったんだなぁ、とわかったけれど、小姑なんて、相手にとっては嫌だろうな、くらいの認識だった。
私はそんなに意地悪じゃない。
あああ、面倒。
なんでもかんでも、お姉さんが言っていたと、私の口から出たことにしていたんだろうね。


私、興味無いんで。
人のこと。自分の人生が大変だったので。


それでもいいよ。信用してもらえない自分の不徳のいたすところ。
良い姉ならば、いやいやお姉さんがそんなこというわけがないと否定するだろう。
あはは。
残念でした。
私は嫁の兄弟のいざこざも全て毒母から聞いている。おしゃべりなやつなので、あっちこっちかき回して、めちゃくちゃにしているんだね。
これで、家はめちゃくちゃ。


私はね、弟の家のことに全く興味はないのですよ。
はっきり言って。だって全くお付き合いがないので。何にも知らないのです。


情報も私には入ってこない。それを、弟夫妻はわかっているはず。なので、どうしたこうしたと、意見するソースがない。情報があるのは毒母では?私は、夫婦関係なんか全く興味ない。嫁の性格なんか全く興味はない。弟の仕事や年収も一切興味はない。




なのに、弟は、毒母の言うことを鵜呑みにする。


ならば、もう諦めましょう。
良いのです。さようならです。


そんなに私がみんな嫌いなのかと、反吐が出そう。




なんなの?


弁護士を入れて、最後は遺産を分けようとダダが言った。
高校時代の友人が弁護士なので、頼んでおこう。
すぐに弁護士を入れて、いろいろな始末をつけて、
みんな、早く私の世界から居なくなって欲しい。
もう面倒なので、視界から消えて。


弟よ、私ははっきり言って、あなたの生活に興味はない。
というか、ワタクシは他人の生活に一切興味はない。


更に言えば、私に対してこういう態度を取る人とは、一切付き合わないことにしているので。もう。




昔の私とは違います。なめんなよ。



スポンサーサイト



よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


コメント

非公開コメント

プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR