fc2ブログ

これからも、よろしくね、と言える無神経さ

毒母からの電話。このご時世である。何かあったかと、一応出る。

『こんにちは~。お久しぶり~。いやいや、なんでもないんだけどね、今日持病の薬をもらいに泌尿器科に行くんだけど、大丈夫かしら…。』
ああ、泌尿器科で出される抗うつ剤と、精神安定剤と、睡眠薬ね…あははは🤣💦
『高齢なので、処方箋だけ出してもらえないか?と、病院に電話してみたら?』
と言ったら、わかったという。




義母の様子はどうか?と聞かれたが、暮れにコレにうっかり引っかかって、義母の胃ろうの手術などの話をしたら、意味不明にキレやがって🤣(笑)怒鳴り始めたので、
『うーん、落ち着いたら話すね』
とお茶を濁した。


息子の就職活動はどうか?と聞かれたが、内定した会社など詳しく話して、あれこれ言うと、また、面倒なので、
『それも、決まったら連絡するから、大丈夫』
と、黙っていた。






先日、強烈な毒親育ちの方のブログを読んでいたら、『海外にいる時だけ、心が解放される』とあり、びっくりした。そのひとは何もかもうまくいかずに、日本を飛び出して海外に住んだ時の開放感をこう記述していた。『言葉が分からず、細かいニュアンスがわからない外国にいる方が気持ちが楽』『生粋の日本人なのに、日本に馴染めなくて辛いっス。』『外国人ばかりの職場の求人があったので、行く事にした。この日本でひとりも日本人のいない会社を探している。』『外国人とは動物的な感覚で友人になれる(笑)』




…私と全く同じ。ワタクシも同じ。『自分は、海外いると別人格』これはなんでなんだろう?と疑問だったが、そういう事なんですねー。



母国で楽に生きられる人は、いいなぁ、と思います。



海外いると、『日本で挫折して、、』という方が結構いらっしゃいます。分かる気がする。ホームを持たない、アウェイでしか伸び伸びできないなんて、悲しいですね。でも、そういうひともたくさんいるのです。


どこかで、怖いのでしょうね。ひとが。「私は絶対にしあわせになったらいけない」と、心の底に刷り込まれていますもの🤣🖐



でも、私は、この人生の大きな山を越えそうな気がする。大袈裟ですが。自分が落ち着いて、安定して生きられるつつある。それは、まわりの方たちのおかげです。

ブログでは自分を全開にしていても、大丈夫。これはもう、感動です。本当に感謝しています。私が何か言ったらまわりは非難轟々と、信じて生きてきました。





結局、もう、ヤツとは話すことはないという事。話が続かない(爆笑)ワタクシは毒母の呪縛が解けつつある。もう、あなた達を捨てることに罪悪感もない。お葬式も行かないかもしれません。それは、私の自由。自分の心を一番大事にする事にします。

昨年末に怒鳴られた時に、『これ以上のお付き合いは絶対無理』とはっきりと理解したので😃🖐✨~これは被虐待児の後遺症を持つ者には、とても難しいことなのです。私、自分に感動しています!すごい✨




虐待というのは、心が育たないまま人生を歩むという恐ろしい人生を歩むことをひとに強いることなのです。
何度も転んで、痛い思いをして、誰も助けてくれない、自分はひとり、という、「自己否定を礎」に人生が始まります。虐待された時だけで、問題は終わらないのです。大変なのはそのあと。






『じゃ、またね』
と、私が、言うと、なんと、
『今日持病の薬をもらいに泌尿器科に行くんだけど、病院って行っても大丈夫かしら…。』
と再び聞いた。
????
ヤバそう…👎


『○ちゃん(弟)と連絡はしているんだよね。じゃ、安心ね😃🖐✨』
と言ってから、私は、自分の携帯のアラームを鳴らした。

『あ、急ぎの連絡…。じゃね。』




『あ、あああ、お母さんね、馬鹿な事ばっかりあなたにして…、わかってるの、私が悪いって。でも、これからもよろしくね!!』




頭がオカシイ。
ごめんなさいね、じゃねーのかよ!🐿
バカなのかね…🤣



何度も何度もこういうことの繰り返し。これは、私の人生で乗り越えるべきテーマなのね(笑)!!許しても、どうせまた繰り返す。

暴力夫や、高利貸しから借金をしてギャンブルするヒモと同じ。そういうのって逃げられないんですよ。恐怖で。




わかります。いつか愛してくれると信じている、っていうか信じないといけない気がする(笑)逃げるのも恐怖なんですねーーー。
惚れた弱みで、お金を渡してしまう女はもういないのですよ。ふっ、残念だったね…。毒母よ。





大人は、自分の言動には責任を持てよ!


私も、降りかかった火の粉を、人のせいにばかりしないで、自分で払いのけよう。


でも今までは、払い除ける事に罪悪感を感じていた。自分さえガマンすれば世の中はうまく回って行くと信じていた。私の犠牲でうまく回っていくのはあの実家だけ。

世の中はもっと優しいって分かりかけてきた。




素敵な老後。それは、自分が作るものなのだ。ひとにやってもらうものじゃない。そのひとの生きてきた生き様が全て返ってくるのです。
借金を返す様なもの。お金がなかろうが何だろうが「人生の取立て屋」はやってくるんだねーーー。人生の取立て屋は、キツい。
自分のした事が自分に返ってくるという簡単な事が、予測できないのは、馬鹿者だ。




ワタクシは、白々しい程に華やかな声で、
『あ、もしもし~お元気でしたか~??お久しぶりぶりですぅ~』
と、エア電話。




それでも、
『ね、頼むね』
とたたみかける、毒母。




バカなのかね?(笑)
私は、どさくさを装い、返事をすることなく、電話を切った。




でもね、今の気持ち。いたってニュートラル。ザマあ!とも思わないし、罪悪感や恐怖もない。



ここが、進歩✨😃


あーーあ。
スポンサーサイト



よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


コメント

非公開コメント

プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR