fc2ブログ

独り相撲の人生

生きづらいな…。
ひとりがいい。ひとと出かけると二日くらい寝込む。
疲れ果てるのだ。

少しの時間ならいいけれど。長い時間は、無理。
帰ってからも、自分の言動を思い返して、失礼が無かったか、反省する。
「反省」ではないな。自分を責める。



自分に中にまだ毒母がいて、そいつが、言う。
「ヤダヤダ、嫌な子だよ。いい気になって。生意気な。憎らしいったらありゃしない。」
世の中、友人がたくさんいる方が良いような風潮があるけれど、というか、友人はたくさんいた方が、見識が広がって良いのだろうけれど、
私は、この調子なので身体が持たない。

中には、少しのことで、不機嫌になったりする方もいらっしゃって、
そんな時は、なおさら自分を責める。
自分の心をナイフでグサグサとやる。




でも、同じような境遇の方のブログを読ませていただいて、自分を責めなくてもいいのに…、と、思えることがある。
「仕方がない。それはネ、その方の毒親のせい。」
と、他人に関しては思えるくせに、自分のこととなると、自責の念は、次から次へと、夢の中までも、押し寄せて、眠れない日が続く。
私には、ひとと付き合うのは、苦痛でしかないのです。





たとえ、みんなにとって美味しいものでも、私にとっては、吐き気のするくらい口に合わないもの。ひとづきあいとは、そんなもの。




この恐怖心。




大蛇を籠に入れて、横に置き、作り笑いで、何分我慢できますか?大蛇は、私のほんの少しの失敗も許さない。大きな鎌首を持ち上げて、私の失敗を失言を、一挙手一投足を監視している。すきあらば、その毒牙を私に向ける。その冷たい身体。石のような目。気味の悪い黒い舌。毒母そのもの。私は感情を殺して、笑顔でいるという訓練を半世紀やってきた。


「きっと、みんな、心の底では、私を嫌悪しているに違いない。」
そんな思いを、どうやったら消し去ることができるのか…。
精神安定剤を、飲む。一錠、二錠、三錠…。二錠が、処方の限度。それでも、辛い。
この恐怖、消さなくても良いのです。もうその方法を模索する時間がもったいない。そしてその方法はないのです。



私は、ひとりでいることが、苦痛では無いのです。



嫉妬されたり、生意気だと言われたり、私が幸せだと口を歪めて批判する、そして、私の振る舞いに、眉をひそめる。毒母のように。
でも主人や息子は、そんなことはあり得ないという。


私に課せられたのは「あり得ないお化けのようなものを恐怖して生きる」という馬鹿みたいな人生なんです。
なんの意味があるんでしょう。この苦しみに。

変えようと思っても、もう無理。そして変えられない自分をまた責める。
私よ、私を責めないで。


たとえ、誰一人自分のことを好きでなくても、自分だけは自分を好きでいてあげられないものか…(笑)



生きているのに精一杯なんです。
こんな、独り相撲の人生。
行きつ戻りつ、生きています。


たまに、こんな思いで、苦しむ時もあります。



人に軽んじられ、馬鹿にされ、生きています。

ひとにつけ込まれ、言いたいことを言われても、怒ることも叶わず、ヘラヘラと、卑屈な笑いを浮かべて生きています。



ひとりでいたい。
精神安定剤を、飲む。一錠、二錠、三錠…。二錠が、処方の限度。それでも、辛い。




よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


スポンサーサイト



ひとり、引っ越す弟

弟がついに引越しを決めた。
飛行機で移動する距離の場所です。



ああ、これからのことを考えると、この天気のようにどんよりする。夜も眠れない日々。
全てを丸投げして行ってしまった弟。
細かい事、大きな病、お金の管理、来し方行く末を考えると、
生きていく勇気が削がれる。



あの怒鳴り散らしていた毒母のこの先の憂鬱を、全て私が引き受けるのだろうか…。他に誰もいない。
意味不明な毒母の生き様を、また私が、面倒を見なければならぬのか。
あの陰気で、脂汗の出るような緊張感のある家。
嫉妬に悪口、自分以外は完璧でないと許さない母。
絶対に失敗を許さない母。
どこに爆発のスイッチがあるのか不明。
はっきり言って精神異常者。





父はというと、二階の日の当たる部屋に入ったままでてこない。家事も一切しない。やり方が違うと母が怒鳴るからだ。そして気に入らないと何日もの無視。めんどくさくないのか?そのエネルギーは異常。誰も相手にしない母。
父は母から逃げている。ゴルフや、選挙のボランティアの仕事、クラシックギターのサークルや、同窓生とのお付き合いに忙しい。
母はほったらかし。

一時期、毒母をゴルフに連れて行っていたこともあるが、片っ端から父の友人関係を叩き壊してしまったのだ。父の友人と毒母は大げんか。それ以来毒母はゴルフに行っていない。




そんな毒母を私が…。
これは何かの罰ですか?
これは、何か私へのお仕置きでしょうか?
私は、そんなに悪い人間なのでしょうか?



これ以上ないくらいに優しい私の主人。
主人が一緒にいてくれるだけでも、人生、百人力。
ありがたい。そう視点を変えてみようか。
またあの怒鳴り狂う家族との縁が復活するのだしょうか?
神さまは何故、私と母の縁を切ってはくれないのか。





実家は、億近い資産がある。それで、施設に入ってもらうつもりだが、終末期の様々なことで、全く関わらないという事は、無理であろう。
面倒を見るつもりもありません。でも、電話で話すだけでも、具合が悪くなるのです。
せっかく切れた縁が、また復活。






後期高齢者です。火事を出したり、クルマの事故などで人様にご迷惑をおかけするかもしれない。
毒母が、生きている限り。

そんな時に誰が細かい面倒を見るのでしょうか?連絡を取らないといけないのでしょうか…。
弟には私が具合が悪いことは言ったはず…。
なのに、逃げるんだ。

ま、もしかしたら他の理由もあるのかとも思うけれど、聞いたところで、騒動が持ち上がるのは必至。

春に、弟は転職をした。妻子とも別居する距離に次の会社を決めた。70まで、別居だという。
何か理由があるのだろうが、私はもう関わりたくない。






気分転換にと出かけたが、写真を撮って愕然とした。
笑顔が、できない。泣きたいのだ。私。

よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


心に刺さった棘。それをぐっと抜いた跡。
その棘を抜いて、包帯でぐるぐる巻きにして生きている柔らかい部分。
私は、それを、自分で守らないと。




ストレスのある人、意地悪な人は、そこを嗅ぎつける嗅覚を持っている。
だから、なせか、虐待被害者は、長じてもDVの被害者や、いじめの被害者になる事が多い。
私も、気をつけて生きないと、その傷跡をぐさりと突かれてしまう。
嫌なことが続いて心が崩れてしまいそう。


たまにこういう時があります。
いっそ、人のいない世界に行きたいな。



コンビニの店員にいわれのないことで、文句を言われる。
別の日には酔った塗装屋のオヤジに怒鳴られる。
クルマの不具合でディーラーに連絡したらクレーマー扱いをされる。
警察に車庫証明を取りに行ったら、理不尽な対応をされる。
話の合わない人とは無理にお付き合いするのはやめましょう。
悩みながら、自分を殺しながらお付き合いするよりも、一人でいた方がずっと楽でしょう。




うんうん、最近はついてないのね、と、自分を慰める。
私はこういう事が多い。
昔は、駅で、変わった風体の方にぶっ殺してやると怒鳴られた事もある。
何か弱いところを嗅ぎつけられて、やられるのかなぁ、ストレスのある人に絡まれるのかな、と思ったこともあるが、
心の状態が悪いと、「私が嫌な奴だから、みんなが不愉快なのだ」という幼い頃からの呪いが頭をもたげる。




誰とも口を聞きたくない。
人とは関わりたくない。
と思ったりする。
たまに…。



みんなが私を、心の掃き溜めみたいにする。そんな気がする。
何をやっても怒らないから、バカにして、つけこんでくるのかなぁ。
そうなのかなぁ。



なら、私も怒ればいいのかな。



この棘の刺さったところを大事に庇って生きていかなきゃ。自分を守らなきゃ。
こんなに繊細じゃ、生きていけない。



でも、こういう性分。仕方がない。



人って難しくて、どうやって付き合ったらいいのか、分からない。
一人でいた方がよっぽどいいもの。


嫉妬や、八つ当たりの対象、ひととして弱いから…。



よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR