fc2ブログ

そりゃ、草刈り機💦

弟が帰ってきたせいで、毎日毎日、色々起こる。今まで関わらずに済んでいた人間たちが、父のことで、ひとつの空間にいる。



弟は、しばらく会わないうちに、「怒鳴る人」になっていた。




一流のブランド品で身を固めた顔は険しく、クソほど生意気で、家中を消毒し始めた。自分の思いどおりにいかない場所にティッシュが置いてあると、怒鳴り散らす初老のただの親父だった。




小さな男になっていた。




母は、弟を恐れ、けれども、喧嘩をし、家の中はひどい雰囲気になった。弟は、昔の母そのものだった。
二人とも、喧嘩がお好き。








オムツが無くなってきたので、ドラッグストアに行こうとしていたら、




「Amazonで買えばいいのに、今時、なんでも買えるのに、知ってた?すぐ来るのに。お姉さんなんてびっくりしちゃうんじゃないの?」




と高笑いをした。












私は、母をホンダに乗せて、外へ出して、歩かせたい。もしかしたら紫陽花が咲いているかもしれない。素敵なパッケージのシャンプーを買えば、母が髪を洗うかもしれない。父が、オレンジ、オレンジとうわ言の様に何回も言うので、オレンジを買ってきて、良い香りを嗅がせたい。表面を少しおろし金で削ってみたらきっと良い香りがすると思った。






「そんなの、農薬だらけに決まってるだろう!Amazonで、フランスのナチュラルのアロマを買おう」
って、また、Amazonかね?フランスのそのメーカーのオンラインページから買ったら、もっと安いぜと思ったが、言葉そ飲みこんだ。






馬鹿じゃないのかね。いちいち怒鳴るなよ。
なんでも、Amazonで、買ったら全部良いと言うわけではない。出かけさせることが大事。












「福岡なんか大都会だからさ、俺、こんな田舎じゃ退屈で退屈で。やることないな。やっぱり、横浜とか福岡がいい。よく住んでるよなこんな田舎。俺は、こんなところ、やだわ…。』




『お姉さんインド行ったんだって?お母さんから聞いたよ。インド俺も行ったけどさ、ホテルから一歩も出なかったよ。え?ホテル?ヒルトンだっけな?忘れた。全部ツアーだから。ビジネスの。高いやつ。でも、あんなところ二度といかない!最悪だったでしょ。気持ち悪いメシで、もう、全部最悪だったわ。』








『そうだねー。』
ワタクシは、腹の中で、爆笑しながら、平静を保つのに必死。
オメーみたいなトンチンカンの都会人にはそうだろうね…。












私は、ここ二日もお風呂に入れなかった。入ることを思いつきもしなかった。




それを言ったら、臭い臭いと言う。そうだろう臭いだろう。でも、入れない。四六時中、父が私を呼ぶのだ。
「おーい。」
「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん」
「ああ、ああ、   それは、    あの   アレだな」
「そうよ、ご主人さま」(ハクション大魔王ね!)
「アレも、  よく見たな…。なあ、  好きだったな  」
それで、眠ってしまう。










一応、髪だけは、お向かいにある美容室で、理由を話してブローなしでササッと洗ってもらった。でも臭いだろうね。








弟は義妹に電話して、




「俺が汚い風呂を掃除して、みんな全員風呂に入れてやったよ…。気持ち悪くてびっくりだね。笑えるよ。」




と大きな声で上機嫌だった。




会えて良かったよ。弟よ。君と電話でやりとりをしていた違和感はこれだね。




ひとって、見たらすぐわかる。君は近づいたらヤバい親父に変貌していたんだね。君もこの家で育ったのだものね。




そうして、そうやって、虚勢を張って生きなければ、やっていけなかったのだね。私は、ダダのおかげで、家で静かに生きられた。でも、君は会社で働かなきゃいけないんだものね。これは、嫌われているね。見たら一発でわかった。




私は、この先、もう弟に、連絡するのは無理だと思った。君がなぜダダにヘコヘコするのか、わからなかったが、それは社畜だからだね…多分。




ごめんなさい、君は、お金持ちだろうけれど、とても貧しい。君はその鎧のような服や持ち物で完全武装しているけれど、私には、わかる。って言うことは、君の小ささは、みんな知ってるんだよ。




なるほど、と、思った。
















弟は、父が呼吸をいるかどうか、たまに見に行く。
母と見ている。




が、タンが出て気になると、息を止めてタンを飲み込もうとする。
すると、母が、ベッドの柵に顔を埋めて泣きそうになる。弟も、脈を取る。




『あああああーーー』
と、タンを飲みこんだのか、声を出す。




「あ、よかった!!!呼吸が復活した。」
「少しアミノ酸を取らせると良く眠るかもしれない」






くくくッ(笑)






まるで、志村けんのコントのようだ。ありましたよね。葬式で皆が泣いていると、おばあちゃんが息を吹き返すってのが…。同じ事を何度も繰り返すのね(笑)










悪いが、ホントにおかしい(笑)




この二人は、「寄り添う」と言うことを一切しない。私には、動物の勘で、生きているかどうか、わかる。話して欲しそうな時には話す。でも、静かにして欲しそうな時は黙ってそこを去る。人がいると煩わしそうにする時もあるからだ。でも、黙ってていて欲しそうな時は、そこにいる。












そして、「弟さま」は、それに飽きると、
今度は、急に外が臭いと言い始めた。真剣に匂いの元を探す。
ガソリンを使った草刈機で、隣の人が、道の草を刈っているのだ。




「なんだか揮発性の匂いがする。俺、何か薬品を外にこぼしたかな…。」




『お姉さんみたいな、なんの役にも立たない私立の国文科と違って、俺、化学系だからさ。こういうのは、おかしいのすぐわかるのよ。』




いやいや、私には草のいい匂いがする。にしても50過ぎて出身大学の話なんか言うのって、だっさ。自分の人生のピークはそこですって人に多いパターン。




私は、可愛がってもらっている弟が幼い頃はうらやましかった。でも、小さな頃から全て思うがままに育つと、こんな風になってしまうのだと思ったら、私よりも弟の方が、気の毒なのでは?と思った。これでは、生きにくかろう。人生大変だろう。



人生トータルで見たら、「私の方が、しあわせかもしれない。」と、驚く様なことに気がついてしまった…。まあ、これも私の主観だが。。。






そう思えば…私は弟にこう言われたことがある。
『お姉さんは今すごくしあわせそうじゃない。いい気なもんだ。ダダの尻馬に乗って、何でもかんでもやりたい放題じゃない。いつだってダダと太郎が守ってるじゃない。お姉さん家族。みんなして、お姉さんばっかりいい思いしてるじゃない。』






それから、数年前も…。父が、一度佐賀県の弟の職場を見たいと言って、両親が、佐賀の弟を訪ねたことがあった。

私は、父に佐賀はどうだった?と聞いたら、一切口をつぐんでいたのが不思議だった。けれど、父は、色々見てわかったのだなと、私は思った。
『もう~、物凄い豪華なマンションで、会社に行ったら、休日出勤の人とばったり会って、その人が、部下だったらしいけれど、〇〇(弟)に、もう、平身低頭で挨拶してたわよ~✨✨』
とうっとり話したのは、アホの母。それを聞いていた父は、口を真一文字につぐんで、とても残念そうな顔をしていた。
あああ、アレはそう言うことだったのね。お父さん。
考えると、色々なことが一本の線につながる。








ああ、今、外で、草刈機の音が聞こえる…。知らないのだね。草刈機。笑える。ガソリンの臭いしかわからないかもしれないけれど、草の青い匂いが梅雨の湿った空気に漂う。






「なんだかうるさいから、窓、閉めて!早くして。これじゃお父さん、起きちゃうよ!」




大騒ぎ。草刈機🤣💦こんな物は田舎の日常の音。

起きやしねーよ(笑)



弟に会えてよかった。この人と真剣に電話でやりとりしていた私が馬鹿だった。このオヤジは、私とは違う人種…。




『なんだろう?この変な匂い??何か撒いてるのかな?』


でもクソの役にも立たない私立国文科出身のアホのワタクシは、


「あら?どうしたんだろうね、北朝鮮が攻めてくるんじゃね?」
とすっとぼけておいた。あははは。




ひどい口調で怒られた。
爆笑。(心の中で…)


ダメだこりゃ…🤣💦(ドリフ風にどうぞ!)
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


スポンサーサイト



この家のやり方

土曜日、考えた末に父のお見舞いに行った。<br>
弟家族が来ていた。
挨拶もしない。何故だろう。


少し前に弟にこう言われた。
『お姉さんは、ダダの尻馬に乗って、なに不自由なく生きている。何にも考えないで、好き勝手に生きているじゃない。』

そう見えるのかしらね。そんなに私って悪いやつなのかな?
ひとの人生を見えるところだけで判断するのは軽率だ。どの人も他人には分からない苦しみを抱えて生きている、と、思うのだけれど…。
何にも苦労のない人などいるのだろうか?







挨拶もしない。口も聞かない弟家族。

これを見てすぐ横で寝ている父がどう思うか、考えているのだろうか?ここは、父の気持ちを一番に考えるのが本当ではないだろうか?オカシな話だ。




なにを怒っているのかわからない。機嫌が悪いという人は、甘えていると私は思う。黙っていて、機嫌が悪い。相手が察して傷つくのが愉快。相手に罪の意識を持たせて自分が上なように感じる。罰した気持ちになる。これは母と同じではないか。

こんな幼稚では、人生、大変だろう。残念だ。

こんにちは、と言ったら、こんにちはと言うのが、大人。っていうか、子供だってできるでしょう。誰のためのお見舞いだろう。父に心配をかけるのがわからないのだろうか?それ以上に私が憎いのか?





私は、弟になにをしたのだろうか?
いや、何も手伝わないと責めているのか?
でも、弟は、私が母に怒鳴られながらケアマネとの話しあいに主人と出ていることや、病院へ付き添っていることを知らないとは言わせない。
母からのアレがないコレがないという電話。それに対応して、夕方に電気毛布を買いに行け、加湿器を買って来いと言われて、なだめる毎日。なにを言っても怒鳴られて。それでも、お見舞いに行っている。



それを、どういう状況でしているかと、弟に、気持ちを話そうとすると、
『いいから!!聞きたくないから!!事実だけ話して!!』と語気を荒げる。これじゃ、まるでパワハラ上司だ。こんな人間力で会社ではうまくやっているのかと疑ってしまうほど…。





見かねて、息子が電話をかけたことがある。

私が母に怒鳴られて寝込んでいる時に…。

『母(私のこと)は、今、なにもできないかもしれないけれど、父と僕でやっていますから。三人で一人分ですけれど、やっていますから。母は具合が悪く、寝込んでいてここ数日、家事は僕と父がほとんどしています。母は家のこともできない状態です。だから僕たちで頑張りますので、わかってください。』と、憤る弟の言葉を強引に遮りながら、苦労して話をしていた。


でも、先日の退院の時、別れ際に、
『なんだよ、元気じゃん!!』『あはははは』
と、小馬鹿にしたように大笑いした声が駐車場に響いていた。





人に対して不満がある場合、まず、相手にも何か事情があるのかもしれないと思う事。そして実害がある場合には、
『私は、あなたにこうして欲しいのだけれど。もし無理なら何故できないのか、教えて。』
と、Nice and neat に、尋ねる。
お願いしてみる。それができないだけでこんなに人間関係はこじれる。ただ、そういえば良いだけなのだ。感じよく。簡単ではないか。

私は、弟が好きだった、でも、嫌われている。理由は不明。

でも、大丈夫。もうお終いだから。
大丈夫。
私には、自分の家族がいるから。

野生動物は、親兄弟と離れて、喧嘩して縄張りを出て行く。それと同じではないか。親だから、兄弟だからと、同じ縄張りにいようとしがみついているのは実は私だけだったということだ。


私は皆に嫌われていたのに、それを見ようともせずに、しがみついていたのだ。私は、無いものをあると思いたかっただけ。愛はない。





私が悪いのかもしれない。私って、ものすっごく悪いヤツなのかもしれない。
でも、「無視して、口を聞かず、不愉快な顔をして、相手にそう思わせて、悲しませる」というテクニックを使うのがこの家の伝統芸。そうなんだ。

私は、鹿。いつも自分で思う自分のイメージ。臆病な鹿。静かな山にいる。でも、あの家の人々は、魚なんだ。水の中で生きている。あそこでは、私は苦しくて溺れそうなのだ。

そんなことが、よくわかった。
毎日毎日、色々起こる。
今まで関わらずに済んでいた人間たちが、関わらざるをえない。
でも、私が、最後まで好きだったのは、父だけ。悔いが残るのはこそだけ。そこだけ残念だけど、その痛みは、心の中にしまって…。
よく整理して考えよう。大丈夫だ。

山の鹿は魚とは話ができないのだ。
弁護士に。全て弁護士に任せる。

ゆっくり休も。悲しいのって疲れるもの…。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


そうか、そうか…

実家にお見舞いに行った。

もし父が眠っていたら、と簡単な一筆箋に
挨拶を書いて置いて帰ろうと、用意して持っていった。


けれど、父は起きていた。


ババアは、見違える様に元気だった。


父が、点滴の中身を看護師に聞いて水だと言ったら、
点滴をしないで欲しいと言ったからだ。
点滴をしたら、浮腫が起きる、床ずれが起きる、そしてそのお腹に溜まった水を抜くのは痛いそうだ。
でも、数ヶ月は生きられるそうだ。


しかし、点滴をしなかったら、一週間か、二週間。
そのまますんなり亡くなるそうだ。それを先生に確認して父は点滴を拒否した。


そして、人にお風呂に入れてもらうのが嫌だと、
それもしてもらっていない。


車椅子も持ってきてくださったがそれもいらないと。
外にも出たくないと。


そのまま自然に逝きたいのだろう。


ババアはもう食事の心配はない、生活で介助することはない。
晴れ晴れとした様な顔をしていた。


そして、
父は、私の目を見ない。


何故かわからないが、私の息子には笑顔を向けるのに。
私の顔を見ない。


よく解釈すれば、悲しいのか、
それとも…。


ババアに言いくるめられて色々吹き込まれているのか。
私はするべきことはした。
人の心を操作することはできない。




なんだか、情けなくなった。


が、十分もしたら、父はうとうとと眠ってしまった。


帰ろうとして、


『お父さんが少しでも快適に過ごせますように、毎日祈っています』
と書いたものを封筒に入れて、そばにおいたら、
父は、ふと目を開けて一瞬、顔を歪めた。


電話も嫌なら手紙も嫌なのか。それとも、
笑ったつもりが、作り笑いになったのか、
わからない。


けれど、最後まで私の目を見なかった。


悲しかった。


もう、これでお終いだ、と言う気持ちがした。


もう、父とは心の中で切れた様な気がした。
悔しくも、悲しくも切なくもない。


あるとしたら…、虚無感…。


二人して、
こんな最期の最期まで、娘一人を悪者にして、


どんな人生だ。


この娘を自分たちで育てたと言う感覚はないのか。
自分が育てたこの娘の心を信じると言う
気持ちがないのか。


ないのだろうな…。育ててないもん。


自分は、自分の息子がどんな性根の持ち主か、しっかりわかっている。
絶対しなそうなこと。しそうなこと。
それが、わからないのだな。


父に対しての私の気持ちは通じなかった。
でも、よく考えれば、それは当然だ。


通じていたら、家で虐待など起こるはずがない。
残念だけれど、そこを知らなかったとは言わせない。


最期の最期で、母の言うことを信じるんだね。


そうなんだね。






でも、最期に笑顔で手を握って別れるなどと甘い幻想を抱いていた自分が甘いのだ。そんなことは、よく考えればわかるではないか。


そうか、そうか、と心の中で、何度も呟いた。




そうなんだよ。






こんなに自分が傷つくならば、
もう、お見舞いはこれきりにしようかと、考える…。









よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


迷惑な電話

母は、ケアマネがくるのが怖いそうだ。

そして、義妹に連絡をした母。


『ダダに来て欲しいと言っていますよ』


と義妹からLINE。






「弟は免許を返上しろ」と言うので怖いという。


私は、ラーメン屋でブチ切れたのでなお一層恐ろしい。そして私には罪の意識がある。絶対頼めない。


義妹には頼めまい。


何故遠回しに義妹に言わせるのだろう。堂々とダダに連絡すれば良いではないか…。






実は、私の心からあることがきっかけで、もう、父の存在が消えそうになっている。


『サチコが、毎日電話を掛けてきて、迷惑だ。毎日、私にも今日はどう?って言われても、昨日と同じとしか言いようがない。話すこともない。』


と弟に父が言ったそうだ。


弟が申し訳なさそうに私に言った。


「もうあまり電話はやめた方が良いかもよ…。」






心の底から哀しかった。心が真っ暗になった。立ち直れないとは、こういうことを言うんだなと、思った。






これは、強烈。しばらく、立ち直れないっす(笑)


これは、この家の人間にとっては、いつもの軽いジャブ。いつも私を悪く言っていればこの家は安泰。自分も安泰。


もうそう長くない父が、母にひよって、私のことを迷惑がっている、この言葉は、習慣化し、もはや意味さえない挨拶のようなもの。そうなんだ…。


でも、これを、「今言う」ということの意味を考えていないのだ。染みついた不文律。この家の、決まり事。










私が信頼するある方が以前、こう仰った。


『お母様の虐待を黙認していたお父様も同罪です。』






父も母が恐ろしいのだ。


『なんとか、お母さんの顔色を見ながら、面倒が起きないようにやってくれ。』


病気がわかった時、父は私にこう言った。


そして今、母に逆らうと、父も、罵声を浴びせられている。






夫婦というのは、五十年以上も一緒にいると、このようになるのだなぁ、と、思った。一緒になって今まで通り私の悪口を言っていれば、父も安泰なのだ。今までずっと。ずっと。私が生まれてから…。


~けれど、お父さん、最期の最期でも、私の気持ちはどうでもいいのね?


そう思ったら、やがてくる父の死という身を切られるような怖ろしい出来事が、さほどでもなくなった。


みんなで、私をスケープゴートにして、『うまくやって』きたのだ。


父の言葉で、気持ちが軽くなった。






皆それぞれの思惑があり、誰かを犠牲にして、自分に火の粉がかからぬようにやってきた。子供だろうが、猫だろうが、弱い者には容赦ない。そんな家だった。


酷いにもほどがある。


この地獄家族から、私は、離れます。


あとは弁護士を入れて。



よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


入院一週間目の面談

今日は3時から今後の治療方針に説明があるというので、主人が会社を休んで行ってくれる。


実は、私はもうタカが外れているので、何をするかわからないので、ババアと会うことは危険という判断で、主人がお休みをとってくれました。


実際本当にこの手にナイフがあったら…。また怒鳴られて、すっとぼけられたら、私は我慢ができるかわからない。


主人がかけた一週間ぶりの父は昨日の電話では、かなり具合が悪そうだ。


ホスピス対応になるのか、それとも家に帰ってりょうようするのか、老人病院に入るのか、わからない。




私は、明日、息子が就職の最終面談だ。Skypeで自宅でするのだが、バタバタしたくはない。
というか、ババアに会ったら、具合が悪くなりそう。


父には、手術の前に、言いたいことを言ってあるのだ。
今までのお礼と、自分の気持ちを。


もしかして術後に目が覚めない可能性があると聞いていたので。
なので、もう、私の気持ちは伝わっている。


もうそれでよし。
主人には本当に迷惑をかけてしまっている。
色々手続きなど全てを任せてしまっている。
申し訳ない。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR