fc2ブログ

付き添い

乳癌になって、抗がん剤が始まった。

一度、母が付き添いで来たことがあった。
最初のころは、付き添いが必要と言われていたが、仕事で主人が来られず、
その日だけ、母が来た。


十床以上並ぶベッドでは皆、抗がん剤の点滴をしている患者さんで、いっぱい。
横には付き添いの方が小さな椅子に座り、静かに寄り添っている。
大丈夫?
気分は?
お茶飲む?
細かく患者さんに心使いをする付き添いの方。


しかし、ウチだけは違った。
「ちょっと、気分が悪いんですが、空いているベッドはないでしょうかって、看護婦さんに言ってよ。私、なんだか、気持ち悪い。無理だわ。」

と、私に言って来た。
え??
私は、2回目の抗がん剤、不安もある。
高熱が出る場合もあるので付き添いが必要だと言われているのに。
私は、これから、分子標的治療という当時最先端の治療をするのだ。

ここは、有名な大きな病院。重症な方が多い。空いているベッドなんてない。
皆、抗がん剤の点滴のベッドの順番を何時間も待っているのだ。

母は、自分で看護士さんに声をかけて、強引に横になろうとした。
「申しありませんが、見てわかるように、ベッドは空いてはいません。」
「みなさん、しっかりされてますので、付き添いの方も頑張ってください。」

え??

幼児の様にあからさまに不安げな顔をする母。



そのうち、暗くなってくる。

「ね、帰りの車の運転、私、できないかもしれない、無理かも。」


じゃ、どうすればいいというのか…。今日私には、運転なんてとても、無理。一回目の抗がん剤は入院で、そして二回目である。初の外来での抗がん剤。

「◯ちゃん(私の主人)に連絡して迎えに来てもらってよ。」


こんな時まで、私は母のお守りをしないといけないのか。

結局、抗がん剤が済んで、自分で会計を済ませて、次の予約を取って
携帯で仕事中の主人にやっと連絡をつけて迎えに来てもらった。母は待合室の大きなソファで休んでいた。

「終わった?ああ、よかった、もう、気分悪くて、運転なんてできないわよ。」
大きな声で回りへの配慮もなくこんなことを言った。


もっと辛いひとはいっぱいいるのに…。
何も見えていないのかと、思った。

末期で、具合が悪そうな方。
乳飲み子を抱えて抗がん剤治療をしている方。
目に入らないのだろうか…。

看護士さんたちに睨みつけられた母は、二度と病院へは来なかった。
手術の日さえも。
見舞いにも来なかった。
退院の日も、私はひとりだった。

母が来るより、ひとりの方が、断然、楽なのだが(笑)


よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


タイミング

十年前の夏の日。
主人が、上司に私が癌闘病に入る話をしておこうとある会議室へ向かった。
これから主人も少し仕事にも支障が出る可能性があるという事です。
が、主人は部屋を間違えて待っていた。

すると、知り合いの方が偶然入ってきた。
雑談をしていたら、
話すつもりもなかったのに、
主人の口から私の病のことがスルスルと出てきたそう。

言うつもりはなかったそうです。

その方が、「ちょっと待って」
と携帯を取り出して、電話をしてくれた先は、
乳がんの権威である日本でも有名な医師のところ。

先生はその方の高校時代からの親友だそうです。

今、手術中ですが、と言われたら、
それでも繋いでくれと言ったら、
手術中の先生のところへつながった。

紹介状がなければ、絶対に診察はしてもらえない。
「あ、そう、じゃ、明日来て。」

と言われた。

その先生は当時許可が下りたばかりの最新のハーセプチンという、
分子標的の抗がん剤治療ができる当時日本では数少ない医師だった。
アメリカでも活躍した先生。


実は、私の胸のシコリは、その五年前の検診で、見つかっていた。
が、私は、なんと、放置したのだ。
なぜかわからない。
なんとも思わず、ほっておいた。
でも、でも、五年前に治療に入っていたら、
絶対に助かっていない。
五年前にはハーセプチンは日本では認可されていなかったからだ。


その最新のハーセプチンしか効かないタイプの癌でした。
他の抗がん剤は効かないのです。
そして極めて悪性度の高いタイプ。




癌宣告された年に、日本で認可が下りたばかりの薬。
そしてそれを扱える数少ない先生の紹介状。




私の体にできた4.5cmもの腫瘍の細胞を
太い注射器のような針を刺して採取して、
DNA並びを調べて、それに直接効く薬を選ぶ。
分子標的治療。

先生のパソコンには、私のDNAの二重螺旋構造の画像が見える。
この細胞にピンポイントで効く薬。

白く映る腫瘍は太い血管を作って血液を取りこんで
増殖していた。腫瘍に向かって恐ろしい太さの血管が一本。
愕然とするような画像だった。
癌というのはこうやって血管を引き込むのだと説明された。

でも、ハーセプチンの効かない人が3割くらいいます。
効かなかったら、あと三カ月です。
と、言われた。

あれから十年。

私は生きています。
生かされているのです。きっと。


よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


今、我慢している方。
親の怒鳴り声が消えずに
苦しいと思っていらっしゃる方。
どうか、みんな休んでください。

抗がん剤治療のベッドが並ぶ大きな部屋で、
ある女性が声をあげた。

『ねえ、みんな、思い当たること、あるでしょう!私は会社を興して、必死に働いてきたの。無理に無理を重ねて。精神的にもいっぱいいっぱいで。みんな、頑張ってきたのよ!それで、病気になっちゃったの!みんな思い当たることあるでしょ。だから、もう休んで!みんな、休もう!!』

後半は泣き声だった。

抗がん剤の点滴を受けながら、泣いているひともいた。

苦しみを、抑えつけないでください。
辛い時は、休んでください。

悩まないでください。
本当は、ありのままの自分で生きたいですよね。
あなたは悪くないのです。
あなたのせいではありません。

あなたの心の中で、生き続ける怖いお母さん。
もう、それは、幻なのですよ。

もう、いないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
虐待…。弱いだれかを虐待しているひと。あなたが今していることは、犯罪です。




よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


余命三カ月

前にも書いたが、母の子育てがおかしいと思ったのは、ずっとあと。
結婚して、自分が家庭を持ってから。

マンションのまわりには小さな子どもを持った家庭がたくさん住んでいた。

でも、どこの家も、子どもを怒鳴る声も、泣き叫ぶ声もしない。

おかしい…。

私は、自分の子どもを持ってから、さらに、実家への違和感を感じるようになった。
三十になっていた。

母の子育ては、おかしい…。そう思うようになった。

それまでは、怒りや悲しみは封印されていたのだ。
気がつかなかった。まるで別人格がいるように…。

恐ろしい事だ。なんと、母のことが好きだった。

しかし、自分の生きづらさは、もう頂点に達していた。
対人恐怖症。視線恐怖症。鬱。過度の神経質。
恐怖に駆られて生きる人生。

ひとが恐ろしかった。
蛇のように絞め殺されそうになる。
いつ怒り出すかわからないひとと言う恐ろしい生き物。
世の中、ひとだらけ。

ひとが、うじゃうじゃいるのだ。

そして私は、どんなに疲れていてもその『疲れ』に気がつかなかった。
フラフラでも、なんでも、我慢ができる。
生きることは辛かった。
全く希望なんてものは持ったことがない。
いつでも怖かった。

はっきり言うと、いつ死んでも良いと思っていた。
人生なんて早く終われば良いと思っていた。
誰に会っても、その人の機嫌を取らねばやっていられないという習性。
疲れきっていた。
自分を蔑ろにして。
自分なんかどうだって良かった。
ひとが怒らなければ…。

そうやって、神経をすり減らしてすり減らして生きてきて、
ある日突然、大きな病が降りかかる。

極めて悪性度の強い乳がん。
この抗がん剤が効かなかったら、


「あと、三カ月です」

「あと、三カ月です」


それは、こだまのように何度も頭の中で鳴り響く。

え…。

あと、三カ月か。


死ぬのか…。

何がなんだかわからなかった。


息子は、小学校四年。


自分の命なんてどうだって良いと思っていたが、
息子のことを考えると、夜、お布団の中で、
つーっと、生温かい涙があとからあとか流れてきた。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR