fc2ブログ

居心地の悪い参観日

私は、息子の小学校の参観日が嫌いだった。


話したこともないお母さん方にまで避けられていた。
私が行くと、さーっと雰囲気が変わる。
シラーっとした空気が流れる。
お付き合いがあって、何か私がしたのなら仕方がないけれど、
話したこともないほとんどの人が私を避けていた。




ものすごく嫌われていたのは気のせいではないだろうと思う。

卒業式の日、私が、座った席の周りは誰も座らず、立ち見が出ていたにもかかわらず、空席のパイプ椅子が何席も並んでいた。
そこまでなのか、そこまで私を皆嫌うのか、と、びっくりした。





こんなでも、私は、学生時代は、学級委員もしたり、クラスでも友人も多かった方だ。
だが、参観日で、すれ違いざまに嫌なことを聞いてしまった。

『あの人の息子さ、ポケモンも知らないんだって!家で勉強ばっかりさせてるらしいよ。教育ママってヤツ??』



『参観日にあの格好はないよね、何様?』





息子は、異国で育ったため、ポケモンも、なんとか戦隊も知らず、私は、仕事をしていたために、結婚して十年目で出産したため、皆とは世代が違い、参観日はスーツを着ていっっていた。それが当たり前と思っていた。昔の親はそうだしたよね…。(笑)


要するに浮いていたということですね…。



ひそひそ声は、こだまのように心に残り、私が嫌われているのは、確かなことと確信が持てた。
何か私にもいけないところがあったのかもしれないが…。
こういうのが女性の集団なんだなぁと思った。
別に、いいやと思ったが、嫌な気持ちは残った。
誰も話す人もいない参観日。

遠くから、ジロジロコソコソ見る人達。
私は、展示物や、学校の様子を見て、サッサと帰ってくる。



気にしない、気にしない、と思っていても、
幼い頃から毒母に言われていた
『大っ嫌い』が現実なのだと妙に腑に落ちて、家に帰ると、薬を飲んで過ごしていた。


やっぱり、私は嫌なヤツなんだ…。
人と違う境遇の家族。


別に、行きたくっていったわけではない異国暮らし。
誰にも話したことなどないのに、みんなが知っている。近所には引っ越しの挨拶をしたが…。




ある人に、「生意気だ」と言われた。
私には、話す人すらいないのに…。誰とも口をきいた事がないのに…。
でも、やっぱり、私って、嫌な感じなんだ…。生意気なんだなぁ…。嫌われるんだ…。
いや、本当に…。
考えた。



ああ、やっぱり私は…と、暗闇に落とされるような気がした。



今は、私を理解してくれる友人と、少しずつでも、大事な関係を築くことが叶っております。
コレが日本のママ友という、世界なんですね…多分。今悩んでいらっしゃる方も多いかもしれません。
少しでも、境遇が違う人はつまはじきにされます。

そして、嫌われていると思えば思うほど、気持ちが沈んで、暗い人というふうにも見えるのでしょうか。もしくは、すごく緊張しているために生意気なようにも見えるのでしょう…。


でも、すぐに終わります。子供が幼い頃だけ…。割り切って。

少しの辛抱。



当時は辛い数年間でした。
それも、勉強だったのでしょうね…。



よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


完璧を求める自分

どんな時でも、自分の行いを反芻して、悪いところを探して自分を責める。
ああ言ったのは悪かったかしら、こんな風にしたのは良くなかったかしら…。



そう思って、眠れなくなる。



自分を責める。


ね、自分ってそんなに完璧なの??
そんな欠点のないひとなの??

神さまかよ。
みんな、失言もあれば、少しの失敗もある。欠点だってない人はいない。
なのに、自分には、完璧を課す。
そんなの幻想。




自分は、欠点だらけの、人間です、
だから、たまに、悪いこともしちゃうし、
配慮に欠けたことも言ったりするんです。



だから、なに?
So what???です。
だからなに?




他の人は欠点があっても良くて自分はいけないの???
それは、自意識過剰という。

私だって、欠点があって良いのです。
自分を許して、それでも、堂々としていれば良いのです。

~孤独を味方にして…。




よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


笑っていないといけないですか?

人はみんななにか課題を持って産まれて来る。

私には私の課題。

私、しあわせそうに、見えますか?
そうです、不機嫌にしてたら、母に100倍の不機嫌を返されるので、
私は、どんなに哀しくても、淋しくても、演技ができるんです。
ニッコリ笑って、
いられます。
決して見栄を張っているわけではなく、強がっているわけではなく、
笑っていないと、怖いのです。

それを50年やっていると、病気になるんです。

この癖を治さないと。
いや、治さなくても良いのかな。

これは、特技として、残しておこうかな。

それとも、心のままの表現できる方が健康的なのかな。
わかんないな。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


完璧主義


虐待サバイバーは、完璧を目指す。
完璧でないと、いけなかった。
そして完璧であろうとする。

そんな事、普通に考えたら、無理に決まってる。
馬鹿げている。

勉強も、ピアノも、運動会も、完璧。
そして、見目麗しく、笑顔の娘を演じるのは、
そりゃもう大変。

実際、弟はほぼやってのけた。

幼い頃は、なんとかなっても、
だんだんと広い世界に出て行くと、
もっとできるひとが山ほどいる。

母は、それを知っているのか知らないのか、
できない子供を面倒みるのが面倒なのか、
ひたすら無言の圧力をかける。
そのくせ、私の進路などには一切興味がない。
ただ、面倒を起こさないでくれれば良いのだ。


で、世の中に出たら、
自分を自分で苦しめる完璧主義者が出来上がっていた。
努力しても、できない事がある、とは、思ってもみなかった(笑)

馬鹿げている。



そして、色々挫折していく。社会に出れば、
思い通りにいかないことが当たり前。

挫折…。でも、そこからの立ち直り方は、教わっていない。

砂漠の中に水も持たずに置き去りにされる様な気持ち。
自己嫌悪。
対人恐怖。
何から何まで恐ろしい。


道を歩けば、そこここに蛇が横たわっていて
これを踏まない様に歩いて行く夢を毎日見る。

何もできなくても、それでも、私がいるだけで、それでいいからと
言ってくれるひとと出会うまで。


朝起きると、まず最初に『死ね』という声が聞こえる気がする。
最近、やっとなくなった。

ようやく生きた心地がする最近(笑)
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


つけ込む人々

私は、この人は、何をしても怒らない
と思われることが多いです。
大人になると、私の周りには私を利用しようと、
ずるい人が寄ってくるようになりました。

理不尽なことを言ってきたり、
自分勝手な要求してきたり、
私はそれを断ることができないのです。
都合のいい奴なんです。

「それは無理でしょう」と言うような無理難題を
次々と無理くりかなえる私。
その人と付き合いたいわけでもないんです。
ただ人に合わせる以外に付き合う方法がわからないのです。

いつしか思いやりのないずるい人が周りに集まるようになりました。
疲れ切っていても、アポなし訪問。
何時間もいて子供連れで時間をつぶして帰らない親子。
おやつを出して、昼まで帰らなければ、お昼ご飯も出していた。

そのくせ彼女たちは何一つ損はしないのです。
何かといえば、親友親友と私にすりよって来るずるい人たち。

運動会の席取り。
教材の牛乳ビンをスーパーで探す。
厄介なことは、みんなでやろうという巧みな言い回しで、
結局は、押し付けられる。


結婚して家に入ると、色々な人と付き合わねばならぬ。

大学にはいないタイプ。会社にもいないタイプ。
子供のために耐えていた。ママ友って言うヤツだ。
一緒にスーパーに行って平気で万引きをするお母さん。
けれどPTAへ行くと、いっぱしの意見を言って帰るのだ。
先生も大変だ。


母のようにいつ怒りだすか分からない怖い人間。
そう言う人は、文句を言わない人を独特の嗅覚で探し出す。

私は人を見る目が育っていなかった。
とにかく自分を殺して、相手の都合に合わせる事しか人付き合いの方法を知らなかった。


きつかった三十代。もう二度と戻りたくない。

虐待サバイバーの皆さん、社会に出てからは、
あなたの弱さにつけ込む人から、逃げてください。
なにもかもむしり取ろうとする偽善者です。

嫌なことは断りましょう。
世間さまはあなたのお母さんやお父さんのように怒りはしません。
暴力もふるいませんよ。大丈夫です。
嫌なことは断りましょう。

恐ろしいことに、搾取されていることにさえ気がつかない。
どこまでも染み付いた被虐待児の負け犬根性。
利用されていることにさえ気づけない。
そんな三十代でした。

我慢することはありません。
ひとりでいても快適です。
今は、私は、快適です。

皆さま、私は、しあわせに見えますか?


今は何不自由なく生きられる。
普通の生活ができる。
しあわせそうに見えるでしょう。

うまいんです。しあわせ風に振る舞うのが。
それは、見栄や強がりではなく、
そういう風に振る舞う天才だからです。
交通事故にあっても、インフルエンザでも、
ほっておかれた。
常に、『元気で、明るく、楽しそう』に振舞っていなければ
いけなかった。

だから、痛みを感じない。
傷ついた心は、気がつかないふりをしてほっておく。

それ以外、どうしたら良いのかわからのです。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村アダルトチルドレン

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へにほんブログ村児童虐待・幼児虐待


プロフィール

ダリア

Author:ダリア
可愛くない私を、嫌々育てた母。仕事第一の父。そして溺愛された弟。病んでいく私。
ネグレクト、被虐待児のいく末です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR